闇金は高利息で悪質な脅迫や取立てがありますが現金化はそのようなリスクがありません。

闇金との違い

クレジットカード現金化と闇金の違いがすぐに分かるでしょうか?
グレーゾーンか完全な黒かという違いはありますが、もっと明確に違う部分があります。

 

それは、クレジットカードの現金化はお金を借りるのではなく、お金に換えるのです。
商品を購入した特典として高額のキャッシュバックを受け取れるのですから、お金を借りる闇金とは別物となります。

  • クレジットカードの会社からは通常の請求が来ますが、支払い方法は分割にすることも可能です。
  • 闇金はあり得ない違法な高利息で、取り立ての電話がかかってきたり、自宅まで押しかけてきたりする場合があります。

このような怖くて危険な相手とやり取りしなくて済むのも、クレジットカードの現金化のメリットです。

 

クレジットカードの利用金額が返済できなくなっても、怖い人が怒鳴りながら電話してくることはありません。
危険性という意味でも大きな違いがあるのです。

 

 

もっと分かりやすく言うと、どこへ借金している状態になるかです。

  • 闇金の場合は悪徳業者に借金している状態になるため、違法で乱暴な取り立てが懸念されます。
  • クレジットカード現金化の場合はカード会社に一時的な借金をしている状態になるのであくまでも合法な手続きで返済を請求されます。

返済できなければカードの利用を停止されたり、現金化が発覚すれば即時全額を返済するように言われたりするでしょう。
しかし、暴力や恐喝のような犯罪行為を行われる可能性はありません。

 

大きな違いに感じないかもしれませんが、これは非常に大きな違いです。
闇金だと自分自身だけではなく家族や友人にまで危険が及ぶかもしれません。
自宅まで取り立てに来られたら周囲に借金がバレてしまうこともあるでしょう。

 

どちらが安全かは考えるまでもありません。
闇金に手を出すぐらいならクレジットカードの現金化を行いましょう。
2015年現在では、現金化はまだ完全な違法とはされていないのです。
出来る限りリスクが少ない方を選択するようにしてください。

 

>>クレジットカード現金化の良い点