換金性の高い商品を連続して購入していなければ、余程の理由がない限り警告も来ません。

現金化はクレジットカード会社にバレない?

専門業者が指示した商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入すると、業者が買い取ってくれるため、簡単に現金を調達することができます。
消費者金融からお金を借りるわけではなく、結局は自分で支払うべき金額を前借するのですから、
一時的に金欠という人には便利なサービスだと言えます。

 

しかし、支払い能力を超えてショッピング枠を使ってしまう人がいるため、クレジットカード会社の規約上では禁止されているのです。禁止されていることを破ってしまえば、それ相応の罰則を受けることになります。

 

それでは何故、ショッピング枠の利用がバレてしまうのでしょうか。

 

 

現金化がバレる理由

クレジットカードを使って支払いをすると、データ上にログが残るために現金化はバレてしまいます。
わざわざ禁止行為を破るわけですから、利用者は1万円や2万円のお金に困っているわけではありません。
つまりショッピング枠の上限に達している人をリストアップし、不正取引を行っていないかチェックしているのです。
また専門業者は換金率の高い物品を購入するように促しますので、該当商品ばかりを連続して購入していればすぐにバレてしまいます。

 

見境なくショッピング枠を利用しなければバレない?

短期間で換金性の高い商品を次々に購入すれば、当然、現金化していると判断されます。
キャッシング枠が上限に達しており、その上でショッピング枠まで使い始めたとなると、
一発でクレジットカード利用停止という最悪の措置を取られます。

 

ただしキャッシング枠やショッピング枠に余裕があり、
そこまで換金性の高い商品を連続して購入していないとなれば、余程の理由がない限り警告も来ません。
ショッピング枠現金化は業者によってこのあたりへの対応能力にかなりの差が出てきます。
やはり長年運営してノウハウを知り尽くしている業者で安心して取引をするべきでしょう。
しっかりとした業者を利用すればクレジットカード会社にバレることはありません。

 

現金化がバレるとどうなるのか

禁止事項に触れれば、利用停止となります。
キャッシング枠やショッピング枠の支払いという問題が起こりますので、場合によっては債務整理しか残された道はないかもしれません。違反したという情報は、関連企業にも流れていきます。
別会社のクレジットカードに申し込みをしようとしても、その会社が過去の違反行為を把握していれば間違いなく審査落ちします。

 

もちろん違法行為ではありませんので、直接的に罰則を受けることはないです。
それなら大丈夫と気楽に考えてしまうでしょうが、金融機関の抱えている情報は裏で通じ合っていますので、大半のクレジットカード会社から発行拒否されるかもしれません。

 

ショッピング枠現金化はいざというときに役立つ良いサービスです。
しかしそのサービスを安全に利用するには業者選びが大事だということを忘れてはいけません。