クレジットカードを現金化する際にはショッピング枠で安い指輪を購入することが多いです。

ショッピング枠で購入する物

お金に困った際にクレジットカードを現金化できると知って興味を持った人は居るでしょう。
借金するよりも現金化する方が何となく安全に感じるかもしれません。
しかし、クレジットカードの現金化は限りなく黒に近いグレーゾーンです。
何も知らずに利用して後悔しないように、しっかりとした知識を持っておきましょう。

 

クレカ現金化ではショッピング枠を使いモノを購入します。

簡単にカラクリを話せば、ショッピング枠で購入した商品を少し安い金額で買い取ってもらうことです。

 

例えば、10万指輪をクレジットカードで購入し、それを8万で業者に買い取ってもらう、ということです。
業者は10万の商品を8万で購入できるため、2万円が利益となります。
逆に消費者側はすぐに現金を8万手に入れることができます。

 

これならばどちらも喜ばしい状況でメリットしか無いように感じますが、良く考えると違っているのに気付くはずです。
消費者側は1ヶ月後にクレジットカードのショッピング代として10万を請求されるのです。
つまり、業者側は利益を得ていますが、消費者側は2万のマイナスになっています。

 

確かに、今すぐ現金が欲しい人にとっては、それでも現金化する方が良い場合もあるかもしれません。
ですが良く考えましょう。最終的には負担が増えているのです。
買い取りの金額によっては借金するよりも高利になっている場合もあるので、冷静に天秤に掛けなければ損をしてしまいます。

 

ちなみに、ショッピング枠で購入するのは安物の指輪などが多いようです。
これは買い取りを行う業者が古物営業を行っているため、指輪などを古物と見立てる必要があるからです。

 

このような方法で現金化できるするのは可能ですが、リスクを見極めた上で利用しましょう。
多重債務により返済が間に合わない場合に現金化に手を出しても、さらに借金が増えるだけで解決にはなりません。
ドロ沼にはまってしまわないように十分注意しましょう。